理想的な暮らしは注文住宅で実現|快適な生活

男女
  1. ホーム
  2. 愛犬が快適に過ごせる空間

愛犬が快適に過ごせる空間

室内

一定の温度と湿度を保つ

愛犬がいる家では北九州で注文住宅を建てるとき、少しでも快適に過ごせる空間を造ってあげたいものです。犬が喜ぶような設計にするにはどうすればよいのでしょうか。まず犬がご飯を食べて寝床とするところが必要です。玄関などに専用のスペースを造ってあげるとよいでしょう。犬は集団生活を好み、縦社会を重視します。しかし人間と同じようにストレスを感じたときなどは、静かな場所で落ち着きたいものです。そのため北九州の注文住宅でも、専用の空間が必要になってきます。広いスペースより、囲まれた狭いところを用意してあげると喜ぶでしょう。犬の運動は基本的に水平移動のため、家のなかに走りやすい空間を造ることは運動不足とストレス解消に効果的です。また上下の激しい運動は体を壊してしまいます。苦手な階段などは段の高さを低くして傾斜をなだらかにしてあげることで、移動しやすくなり怪我も防げます。そのほかフローリングの床などは犬にとって滑りやすいものになっているため、長いあいだ生活をしていると体に負担をかけてしまいます。滑りづらいフローリング床やタイル床を使用してあげることが必要です。北九州の注文住宅でも温度は23℃から28℃、湿度は50%から60%を目安にしましょう。犬は寒さに強く暑さに弱い動物です。体温調節のための発汗が足裏の肉球でしかできないため、気温に対してうまく対処できません。理想は家全体が一定の温度と湿度を保てるような、断熱と気密性能をもっていることです。